カーニバルホライゾン カリブ海クルーズ【乗船編①】

乗船レポート

ついにこの日がやってきました、乗船当日

いざマイアミ港へ…!の前に、最終チェック!!

預け入れ荷物について

飛行機に乗る時と同じく、キャリーケースなどの大きな荷物は乗船時に預けて、部屋まで運んでもらいます。

預け入れ荷物の個数やサイズ、重量規定などは、船によって異なりますので、事前案内を確認しましょう。

カーニバルクルーズの場合は、23kgの荷物を、1人2個まで預け入れ可でした。

 

預け入れる荷物には、専用のタグを取り付けておきます。このタグがないと、荷物が部屋に届きませんのでご注意を!

預けた荷物は、セキュリティチェック後に各部屋に届けられますが、乗客数が多いため、当日の夜になることも…

ですので、貴重品はもちろん、乗船後すぐに必要になりそうなものは手荷物として持ち込みましょう!

持ち込み制限について

また、持ち込み禁止品などについても事前に案内がありますので、要確認!

危険物や爆発物は当然禁止ですが、船によってはOKなものとNGなものが異なる場合もあります。

例えば、以前乗船したダイヤモンドプリンセスでは、「ヘアアイロンは持ち込み禁止」と明記されていましたが、今回のカーニバルクルーズでは特に制限なし。

「不適当と判断されるものは禁止」とざっくり書かれていることもあるので、自分の荷物がOKかNGか不安な場合は、事前にゲストサービスなどに問い合わせておくと安心ですね。

 

なお、アルコール飲料は、乗船当日に限り、750ml以内のワインまたはシャンパンを1人1本まで持ち込み可能(預け入れ不可となっています。

これに関しても船会社によって規定が異なりますので、必ず事前確認し、乗船時に没収されないよう気をつけましょう!

必要書類について

これは前回の記事でもご紹介した通り。乗船時に必要な書類が揃っているか確認します。

間違っても、預け入れ荷物に入れないように!

パスポートや、船内の決済に使うクレジットカード(乗船時に登録します)も忘れずに。

いよいよマイアミ港へ!

準備が済んだら、ホテルからマイアミ港へ向かいます。

ただし!やみくもに行けばいいというものではありません!

数千人が乗り込むクルーズの乗船では、混雑を避けるために、客室ごとに乗船時間が決められているんです。

通常、これは予約確定時(搭乗券発行時)にすでに決められていますので、事前にチェックしておきましょう!

 

ホテルからマイアミ港までは、UBERを利用しました。

マイアミ港はたくさんのクルーズ船が停泊するため、船会社、そして各船ごとにターミナルが分かれています。

マイアミ港のサイトを見ると、その規模にビックリしますよ〜!

こちらも事前に案内があるはずですので、確認しておいてくださいね。

 

UBERやタクシーを利用する際には、どのターミナルなのかも伝えておく必要があります。

運転手さんによっては、「どのクルーズ会社?どの船?」と聞いてきてくれる場合も。

 

港へは、車で約20分ほど。

ターミナルに到着したら、いよいよ乗船開始です!

続きは次の記事にて。